輝新会活動報告会

| コメント(0) | トラックバック(0)
11月15日中央ブロック(久利まちづくりセンター)を皮切りに、7ブロックで開催する活動報告会も、昨日の、東部ブロック(鳥井まちづくりセンター)で3ブロックが終了しました。
三回目ともなると、説明する議員さんも、慣れてきてスムースに説明されるようになり、比較的わかりやすくなったのではないかと、感じるところです。
残り4会場 11月22日三瓶ブロック(志学まちづくりセンター)・11月25日仁摩ブロック(大国まちづくりセンター)・11月27日高山ブロック(大代まちづくりセンター)・11月29日温泉津ブロック(温泉津まちづくりセンター)でいずれも、19:00~21:00で行われます。
ぜひ、お近くの会場にお出かけください。
で、これまでの意見交換の中でも、議員さんの視察は旅行だとか、大型店の出店についてどう思うか等々、たくさんのご指摘やご質問、ご提案をいただきました。
輝新会活動報告会.jpg
議員が視察に行って、それがどこに反映されているかという点について、すべてを明確にお示しするということは難しいですが、先進地の成功事例を参考に施策を展開する場合、実際現地に出向いて確認してみると、風土や習慣、或いは立地等、その事例が、大田市には適応しない事例もたくさんあります。先進地の事例は、実際に見てみないとわからないことがたくさんあります。
実際に取り組みべきと感じた取り組みは、大田版に置き換えて、いろんな場面でご提案させていただいてます。
大型店の出店は、規制をしないと地元の商店に大きな損害を与え、商店街の衰退に結びつくという反面、車社会の昨今です、そのような大型店を求めて出かけていく、人口流出にもつながります。ジャスコやコスモスがあることによって、買い物客の市街への流出を食い止めていることも確かです。あとは、そこから地元の商店街も利用していただけるシステム作りといったものも考えなくてはいけないと思います。と、口では簡単に行ってみても、実際に、コスモスとかで買い物をすると小売屋さんが問屋さんから頂いている金額よりも安い金額で販売されているものもたくさんあります。金額的にも、到底太刀打ちできないのも現実です。金額ではない、違ったお客さんとのコミュニティーを作らないといけない。
少なくとも、僕には解決に結びつく妙案が浮かばない、とても難しい問題です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hey-honey.info/mt/mt-tb.cgi/104

コメントする

2016年3月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、ko-jiが2013年11月21日 10:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石見智翆館高校吹奏楽部 定期演奏会」です。

次のブログ記事は「12月議会一般質問」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。