全日本吹奏楽コンクール

| コメント(0) | トラックバック(0)
7月30・31日松江会場 8月5~7日益田会場で全日本吹奏楽コンクール島根県大会が開催されました。
先月の松江会場では、大田一中・大田オケーショナルブラスが早々と、中国大会出場を勝ち取りおめでとうございます!

で、益田会場は、私が関係する、5日には中学校小編成の部に「大田第三中学校」がそして、7日には高校Aの部に「石見智翠館高校」が出場しました。

私事ですが、我が家には、野球部と吹奏楽部に所属している(或いはしていた)子供がいるのですが、私が野球の応援に行けば必ず負けると言うジンクスがある反面、吹奏楽に関しては、私が応援しに行った大会では、必ず優秀な成績を勝ち取ってくれるという、守護神木村神話と言う(自分で言っているのですが・・・・)ものがあります。

今年はと言うと、大田三中は、応援のみならず、天使達の送迎を買って出て。娘が出場する石見智翠館はもちろん応援に駆けつけ。双方、中国大会出場は勿論のこと最優秀賞を獲得しました。守護神木村神話は健在であることを証明してくれました。

次は、中国大会です。三中は金賞受賞、智翆館は普門館出場めざして、がんばれ!

で、今回、特に関心と言うより、すごいと感じたのは、三中と共に小編成で中国大会出場を決めた仁摩中学校吹奏楽部顧問 三宅淳子先生

吹奏楽に、身も心もささげている、吹奏楽と結婚されたと言っても過言ではない女神様のような先生です。三宅先生が赴任された学校の吹奏楽部は、必ず素晴らしいバンドに成長して、島根県のトップクラスに君臨します。

いつも思うのですが、大会一ヶ月前くらいは、どうってこと無いバンドなのに、大会当日には、素晴らしく整った島根県小編成トップクラスのバンドに成長している。その指導力は素晴らしいのは当然の事ながら、気の毒なくらいの苦労の積み重ねがあってこその、結果であろうとそのご労苦に敬意を評する次第です。

大田三中赴任時には、我が家の長男がお世話になり、シビックホール(小編成の全国大会)に連れて行ってくださいました。

やっと仕上がったのに、転勤となり、又、次の赴任先で結果を出す努力をされる。
常勝吹奏楽部請負人的存在ではありますが、完成されて、熟した三宅バンドも聞いてみたい。
そんな気がする今日この頃です。

何はともあれ、今年度も我が大田市の吹奏楽部は、優秀な成績を出してくれています。
三宅先生のみならず、それぞれに優秀な先生が大田市内の吹奏楽部顧問として、頑張っていただいているお陰と感謝いたす次第です。

正に音楽の町なのですが、演奏を披露するホールは只今改修中でございます。
今しばらくお待ちいただきたい・・・・・・。

吹奏楽の皆さんが一生懸命に、結果を出していただいています。そのことに、何らかの形でお答えしなければと、微力ながら、心に誓っている昨今です。

先ずは、中国大会出場を決めた、大田高等学校・邇摩高等学校・大田第一中学校・大田第三中学校・仁摩中学校・大田オケーショナルブラスそして、我が娘が所属する石見智翠館高校の更なる活躍を、心のそこから祈ってます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hey-honey.info/mt/mt-tb.cgi/54

コメントする

2016年3月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、ko-jiが2011年8月 7日 23:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大田市議会6月定例議会」です。

次のブログ記事は「大田市PTA連合会広報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。