市民会館改修

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本管楽合奏コンテストで、出雲北陵高校が大編成部門で最優秀グランプリを獲得したと言う記事を目にしました。 本当におめでとうございます! 島根県では、同コンテストの高校Aの部に石見智翆館高等学校が出場し、優秀賞でした。 全日本吹奏楽コンクールには、中国地方代表として、大田第一中学校・石見智翆館高等学校が出場し、それぞれに素晴らしい演奏を披露してくれたことは、過日の新聞報道でご存知のことと思います。 地元、大田市に目を向けますと、8月に行われた全日本吹奏楽コンクール 中国大会に島根県代表として、大田第一中学校・大田第三中学校・温泉津中学校・大田高等学校・仁摩高等学校、一般で大田オケーショナルが出場し、それぞれの部門で活躍し、大田一中は前記のとおり全国大会に駒を進めました。同じ全国大会に駒を進めた智翆館高校においても、多数の大田市出身の生徒が所属して、活躍しています。 正に、「音楽の町大田市」と言っても過言ではありません! で、本題に入ります。
これだけ、音楽にたけたバンド、人材を抱えながら、演奏を披露するホール 大田市民会館が耐震改修のため使用できなくなると言うことは、ご存知の通りと思います。 9月議会の一般質問においても、市民会館の改修について、ご提案も含め執行部のお考えをお聞かせいただきました。(質問につきましては、過去ログをご覧下さい) あわせて、青少年ホームの取り壊しに伴い、音楽関係全般に多くの皆さんの、練習の場が失われようとしています。 中庭の倉庫改築や、中ホールの防音化によるリハーサル利用、こどもや赤ちゃん連れでも演奏を聴くことができるスペースの確保(名前を忘れてしまいましたが、川本や江津のホールにある、子供が騒いでも外には聞こえない、子供と一緒に見ることが出来る部屋)、練習の場を失う皆様方の練習場所の確保などなど、僕は僕なりに要望活動を続けてまいります。 音楽のみならず、芸術全般において、素晴らしい人材やバンドがひしめく大田市です。 位置的にも島根の中心です。島根県における、音楽・芸術の中心が大田市となる為にも、この度のホール改修が単なる耐震改修だけでは、活かされた資金活用にはなりません。 活かされた資金活用となるよう、皆様方も声を大にして訴えていただきたいと思います。 議員の要望もさることながら、一番は、市民要望です! 一緒に頑張りましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hey-honey.info/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

2016年3月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、ko-jiが2010年11月 7日 21:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冬支度」です。

次のブログ記事は「益田市事業仕分け」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。