2010年11月アーカイブ

11月13日・14日の2日に亘って益田市で事業仕分けが行われ、14日の日曜日に傍聴に出かけてきました。
益田版の事業仕分けの概要ですが、議論の流れとしては、約5分間の事業説明の後→質疑議論(約25分)→評価(約5分)→結果開設(約5分)と言った流れで進められ、仕訳の区分としては、①不要 ②民間化(完全に市が関与しない) ③国・県・広域で実施 ④市で実施(要改善) ⑤市で実施(現状継続)の五つに仕分けられた。
平成22年度の一般会計当初予算計上事業 934事業の内、15の形式基準により事業が選定され、最終的に32事業が今回の仕訳対象として、事業仕分けが行われました。
傍聴させていただいた感想としては・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本管楽合奏コンテストで、出雲北陵高校が大編成部門で最優秀グランプリを獲得したと言う記事を目にしました。 本当におめでとうございます! 島根県では、同コンテストの高校Aの部に石見智翆館高等学校が出場し、優秀賞でした。 全日本吹奏楽コンクールには、中国地方代表として、大田第一中学校・石見智翆館高等学校が出場し、それぞれに素晴らしい演奏を披露してくれたことは、過日の新聞報道でご存知のことと思います。 地元、大田市に目を向けますと、8月に行われた全日本吹奏楽コンクール 中国大会に島根県代表として、大田第一中学校・大田第三中学校・温泉津中学校・大田高等学校・仁摩高等学校、一般で大田オケーショナルが出場し、それぞれの部門で活躍し、大田一中は前記のとおり全国大会に駒を進めました。同じ全国大会に駒を進めた智翆館高校においても、多数の大田市出身の生徒が所属して、活躍しています。 正に、「音楽の町大田市」と言っても過言ではありません! で、本題に入ります。
| コメント(0) | トラックバック(0)

11月も二週目に突入で、寒い冬が少しずつ近づいてきます。

雪の季節に備え、本日午前中は、市道脇の竹の伐採作業を行いました。厳しく寒いときにはサラサラの雪で、そうでもないのですが、少し暖かい時の雪は、ぼた雪となり重たく大きな雪の結晶が降り積もり、市道脇の竹は雪の重みで頭をもたげて、トンネルができるのならまだ良いのですが、一本づつ竹の雪を払いのけなければ通行できない状態になります。
今日は、地元自治会の皆さんがボランティアで市道脇の竹を伐採し、冬の積雪に備えました。
本来であれば、市道管理は大田市の仕事でありますが、協働によるまちづくりです。
とは言え、すべてを住民の皆様におんぶに抱っこでは、宜しくありません。
当然、それなりの申請は怠りなく、提出いたします。
sagyou.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し時間があったので、撮りためていたビデオの整理をしました。
皆さんは、「お米ありがとう音頭」と言うのご存知でしょうか。

地域密着を推進する、大田第三中学校の体育祭において、三中体育祭を地域の皆さんで一緒に盛り上げようと言う、高山公民館企画により、三中生徒・教諭はもちろんのこと、応援に駆けつけて下さった、近隣小学校の校長先生、地域住民の皆さん、保護者の皆さんが一緒になって、「お米ありがとう音頭」なる、お米の国「日本」にふさわしい踊りを踊りました。

高山公民館 流水主事の指導のもと、お米に感謝を込めながら、踊ったのですが、お米の国の皆さんは、是非とも覚えて、何かの機会に踊られては如何でしょうか。



 

| コメント(0) | トラックバック(0)

10月31日、吹奏楽部の甲子園、東京都杉並区の「普門館」で全日本吹奏楽コンクールが行われた。30日には、中学校の部に大田第一中学校が出場、銀賞を受賞した。
31日は、高校の部が開催され、愛娘が所属する、石見智翠館高等学校が、前半の部5番目に出場した。初出場の緊張のなか、元気一杯の智翆館吹奏楽部らしさが、いささか感じられない演奏ではあったが、素晴らしい演奏を披露してくれた。
客席からは感じられないが、舞台に立つと、目の前には5000人の観客。初めての経験をした愛娘も、おそらく緊張MAX、ギガ感動(テラかもしんない)で演奏どころではなかったのではないかと感じるところではあるが、私的には、少し物足りない感はあったが、中国地方代表として堂々たる演奏であった。
昨年、大田一中が初出場で金賞を受賞した。これは、指導者である竹下先生の経験と指導のすばらしさの賜物であろうと、改めて感じたところである。
とは言え、愛娘はもとより、智翆館高等学校吹奏楽部にとって、今回の経験が、今後の糧になることを期待してやまない。
今日は、ディズニー・シーで演奏しているはずである、今まで頑張ったご褒美に、ディズニーシーでしっかり息抜きをして、今週末に横浜みなとみらい大ホールで行われる全日本高等学校吹奏楽大会では、智翆館高等学校らしさを目一杯に発揮して、素晴らしい成績を収めてくれることを期待している。


| コメント(0) | トラックバック(0)

2016年3月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント