大田市立病院医療確保対策特別委員会

| コメント(1) | トラックバック(0)
本日、大田市議会における病院の特別委員会が開催されました。 改選後、初めての委員会で、委員長:内藤芳秀議員・副委員長:林茂樹議員を選出し協議に入りました。
楫野新院長より、全国的に外科医が不足しており、医大において、回したくても人員が不足している事、6月より消化器系内科の先生が赴任するが、外科の手術を施すに当たっては、当然、内科医の検診(内視鏡検査等)が必要である、外科医確保の為にも、もう一人、内科医を補充されたい。市内在住の医師の人脈を利用して、一年以内には総合病院としての機能回復を目指したい、議員各位にも全面的な協力をお願いする等々のご挨拶をいただいたところです。 議会の特別委員会としては、大田医療圏域に於ける1市4町での再協議。「呼び・守り・育てる」為の研修や、意見具申。医師派遣に関する陳情・要望・・・・・などなど、今後の進め方等について意見が出たところでありますが、議長も含め、委員長、副委員長で協議・調整を図ると言うことで、委員会を終了しました。 第一回目の委員会でありますので、今後の方向性や、活動内容について明確なものを示す所までは、進んでおりませんが、内藤委員長を中心として、一日でも早い医療体制確保の為、研鑽に努めてまいります。 ところで、救急車を呼ぶまでも無いが、軽度の手術は必要と言った場合なのですが、大田市立病院においても縫合程度の軽度の手術は可能です。但し、その時の当直の医師によって異なりますので、先ずはお電話で確認してください。怪我の状態によって対応は違いますが、生越整形外科医院、或いは、上垣医院でも処置いただけます。 皆様方には大変なご不安・ご心配をお掛けし、申し訳ございません。すべての皆様が健康で、事故などは起こらないことが一番良いことではありますが、図らずも不慮の事態となり、救急車を呼ぶまでには至らない場合、先ずは状態をお電話くださいというのが現状です。  大田市立病院 0854-82-0330㈹ です。 あわてない為にも、携帯電話等に登録お願いします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hey-honey.info/mt/mt-tb.cgi/13

コメント(1)

特別委員会の速報一番乗りですね。(拍手です)
これからの活発な議論・行動を期待して議論の内容にはコメントしませんが、後半の「ところで」以降の箇所に関心が向きました。こう言う具体的なことは、もっと行政執行部も議会・議員に説明するだけでなく、市民に直接アピールすべきではないでしょうか?
それから、市立病院の電話番号を携帯電話等に登録しておこうと言う呼びかけは良いですね。私もすぐに登録しましたよ。

コメントする

2016年3月のカレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、ko-jiが2010年4月30日 19:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青椒肉絲」です。

次のブログ記事は「GW以下がお過ごしでしたか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント